西東京市・ひばりが丘・東久留米市・小平市・小金井市・武蔵野市・東村山・清瀬市・練馬区のYAMAHA バイク正規ディーラー


PEOクロモリアクスルシャフト

付けるだけで体感できる魔法のシャフト!

騙されてみてはいかがですか?

純正品のコピーで材質変更や重量だけに突出した製品ではなく、如何に摩擦係数を少なくする事に追求した製品です。
摩擦係数とは、2つの物体が接触している際、接触面に働く摩擦力と接触面を垂直に押す力との比のことで、要するに『どれだけ軽く物体(バイク)を動かすことができるのかを数値化した』ことです。摩擦係数が少ないほど、小さい力で物体(バイク)を動かせます。例) 物体の重量が100kgで、50kgの力で動き出した場合、この時の摩擦係数は、0.5(μ)=50(kgf)/100(kg)となります。摩擦係数は各材料によって異なります。純正品母材の場合、0.5μです。ちなみにチタンの場合0.6μで、純正より転がりにくい結果になっています。

参考資料http://www.labnotes.jp/pdf2/friction.pdf


メッキなどによって純正品やチタン製品は、一般的に0.4μぐらいです。。硬質クロームメッキでは、0.1μになりますが、メッキが衝撃で破損しやすく、その破片でベアリングを痛める恐れがあるので使用不可 です。
当製品では、製作工程から見直し、摩擦係数を0.2μにする事が出来ました。例) 車体重量が100kgの場合、純正品等では、40kgの力が必要に対して、当製品は、20kgの力で済みます。(ベアリングの転がりで、実際にはもっと軽減します)
動かす力を少なくする為、省燃費が実現されます。
ただ単純に、ばね下荷重で数百gを軽減するよりも、動作させる力が数kg軽減できる方が良いのかは、お分かりでしょう!
製品精度を高めたことによって、ジャイロ効果増幅で操作性や走行中の直進性が向上し、横風の影響が激減する製品が完成しました。


コスト削減をする際に、製作工程を増やし、ユーザーに高品質で低価格で提供できる製品を目指したからです。もっとも重要な外径には、徹底した技術を費やし、コストを掛けていますが、軽量化だけを求める内径には、コストを掛けていないからです。

 


当社は、チェーンアジャスターをリアアクスルシャフトを確実にスウィングアームに連結した上で、チェーンの張りを調整できるアジャスターブロックを開発しました。アクスルシャフト( SAS1 )に施されたネジ部にSAS3チェーンアジャスターを取り付ける事により、スウィングアームのピボットとリアアクスルシャフトを並行に固定する事により車体に対して垂直に後輪の位置を決める事が可能となります。また、オプションのバランサーブロックを使用して、スウィングアームとの平行・直角度が測定でき、ホイールの取付角度振れを調整が出来ます。

 

 

 

 





YSP西東京

AM10:00 〜 PM7:00
毎週月曜日、第三火曜日定休
〒188-0011
東京都西東京市田無町6-5-19
TEL.042-497-6293
FAX.042-497-6294
メールでのお問合せ >>
地図はこちら >>

Google マップのQR コードです


営業日のご案内

2017年 12月:

  12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

2018年 01月:

  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

は当店休業日です


YSP Menu VIDEO


YSp車両保険